裏側であっても角質を除去する事で足に自信が得られた

普段の何気ない生活の中でも大きな負担が生じている事がわかった

普段の何気ない生活の中でも大きな負担が生じている事がわかった | 硬化したり組織が厚くなってしまう仕組みを熟知した上で行ったのが裏側を削るケア | 保湿をして潤いを与えるのは毎日継続して行っています

自然の空気がの先まで感じられるのはもちろん、爪に施しているペディキュアが見られる機会が多くなる様子からサンダルなどの履物を好んで履くのですが、角質について気になる事がありました。
しかも、角質が気になる時には同時に香りについても気になっていたため、自信を持って好きな履物であるサンダルを着用すべく、ポイントを抑えて自らの身体について向き合ってみました。
これまでは側でいつも地面や床、靴のインソールなどと接している特徴からあまり強く意識した事が無いものの、1つずつ向き合っていくべく意識を向けて生活をしてみたところ、普段の何気ない生活の中でも大きな負担が生じている事がわかりました。
歩行時はもちろんですが、履物を着用する時にも擦れているのがわかりましたし、歩行をせずにその場で直立をしているだけでも大きな負担が生じているのが理解できました。
そのように、裏側についてこれまでよりもしっかりと目を向けてみた時にわかったのは、身体の他の部位のように発汗などをした時にベタつきを感じない様子であり、ベタつきを感じないのは皮脂腺が存在していないためである事が理解できた次第です。
皮脂腺が存在していない事により乾燥に見舞われやすい条件が整っているので、皮膚が厚くなって角質が硬化しやすくなるという事も認識できました。

#お得情報#リンパエステ#足裏角質取り#八戸#エステ体験会#首#肩#顔#顔体験の方はノーメイクでお越しください pic.twitter.com/ZIlmIur9xO

— 婚活らんぷ (@mqPwCDtUljorgYF) October 11, 2021